持続可能で平和な世界

荒れた土地を畑に!開墾開始、縄文時代へGO?! 自給自足への第一歩スタートしました。

広い土地をお借りして

エルモット村役場から、車で約15分の距離にある広大な土地。
村民某氏が所有する畑を、自由に使っていいよと言って頂きました。

10年以上使っていない場所もあり、雑草がいっぱいです。

さらに、数年前の台風で、小川に土砂が流れ込み、水が澱んでいます。

行き先を失った水が畑に流れ込んで、湿地帯のようになっている部分もあり、黄菖蒲が咲いたりしています。

とりあえずは、すぐに植えられるところから…

広大な畑の中でも、一部、ぶどう畑の横に、すぐ植えられるスペースがあります。

そこに、インド人のR君が持ってきた、パクチーやトマト、ナスなどを植えていきます。

どすこい喫茶やまこ」のマダムも、着物姿で参戦してくれました(≧▽≦)
気軽に遊びながら楽しんで参加してもらえて最高です☆

ナスやトマトは茎が細いので、支え棒に、紐を8の字にして結んでいきます。

やまこ製・天然梅サイダーも、ふるまわれました。
当然ですが添加物なし。純粋・天然の美味しさが最高です。

そしてカタカムナの80首を唄いあげ・・・

カタカムナとは、縄文以前の日本列島に住んでいた人たちによる古代科学です。マノスベの姿勢をとり、言霊を発生させて振動させ、波動を変えることにより、ものごとを変化させて、文明を作っていたそうです。

さらに「農地用」のカタカムナを唄いながら歩き回り・・・

本日の作業終了!

木曜の夕方3時半に集合して、7時過ぎに解散。
約4時間の作業を楽しみました。

そして、日を改めて、日曜日は、過酷な開墾作業です。

機械が入れる状態ではないので、まずは手作業で草刈りをして、それからトラクターなどの機械で土を混ぜて畑にするのが良いとのアドバイスをもらいました。

荒地を畑に

当日は、エルモット役場を朝5時出発。
朝は肌寒いですが、晴天です。

草刈機を手に、畑へ降りていきます。

やまこも再登場!

草・草・草・・・

昔、伐採したままの古木を移動させて・・・

かしゅっちお手製おにぎりで休憩しつつ・・・

だいぶ片付いてきました・・・

朝5時過ぎから12時過ぎまでの7時間の作業、一旦終了!

朝は寒かったけど、もう汗だくです(≧▽≦)

開墾ビフォーアフター

7時間後・・・

さて、ここから何が芽生えるでしょうか・・・?!

楽しみです!

とりあえず、方向性として決まりつつあるのは、

ナチュラルな害獣対策を施し、
カタカムナなど波動の力を活用して
福岡正信の自然農法で、手間をかけずに自然の恵を享受し、
アナスタシアのように自然や宇宙と調和して生きるライフスタイル・・・☆

コンセプトは、日々練り続け、進化しています。

「和文化のテーマパーク」からスタートした当事業。
20年の歳月を経て、現在のコンセプトは、こんな感じです。

衣食住から電力・癒しまで、何でも自給自足!の
和文化コミュニティで世界を平和に♪

この「和文化」とは、3つの時代をイメージしています。
それは「縄文」「江戸」「令和」です。

縄文時代の、波動や言霊で文明を作る、自然に溶け込み宇宙と繋がるライフスタイル。
江戸時代の、粋なセンスや武芸の道を伝える、精神性。
令和時代の、ロボットやAIを駆使し、人間本来の仕事に専念できる環境づくり。

このような要素を盛り込んだ、国際交流できる場所ができたらいいな。
と思ってスタートしました。

ところが、様々な情報を持った村民が入ってきてくれたおかげで

「ロシアのアナスタシアもいいな〜」
「サンマリノの制度も参考になるな〜」

など、「和文化」に捉われないほうが良いような気持ちになってきました。

これからは、宇宙人との交流が始まると言われているので

人類文化のテーマパーク

というコンセプトのほうが、しっくり来る気がしています。

この言葉なら、「世界平和」の理念も、言葉を出さなくても内包できているし・・・
世界中だけでなく、宇宙中から来訪者が来てくれる可能性もあるし・・・!?

さあ!人類文化のテーマパークへ向けて、発進?!

村民募集中です。

一緒にテーマパークを作りたい!と思った方!
ぜひ一緒に立ち上げていきませんか?

畑作業をはじめとする、現場作業、
SNSの発信などの、広報活動、
料理や掃除、雑用など、現場のサポート作業、

などなど、あなたの得意技で関わってもらえたらいいなと思っています。

エルモット村は、価値観を共有できて、一緒に動ける仲間を大募集しています。

楽しくテーマパークを作っていける仲間に会えることを楽しみにしています。

ABOUT ME
かしゅっち
エルモット村役場・都市計画担当。 わがままで自分中心なんだけど、そんな自分を許しつつ、本人なりに精一杯の愛を体現しているつもりでーす。