コンセプト

エルモット村・立ち上げの経緯(カシュカシュの自己紹介を兼ねて)

エルモット村役場・都市計画担当の、カシュカシュです。

なぜ私が、エルモット村を立ち上げることになったのか、
これまでの経歴と経緯について、語らせていただきます。

広島生まれ・京都育ち

転勤族の父が、広島への転勤直後に、私は生まれました。

そしてその数ヶ月後に、父は脱サラ。
京都の実家に戻り、スポンジ加工の工場を始めました。

なので広島の記憶は、私には全く残っていません。

「Hiroshima」と「Kyoto」には共通点があります。

それは、世界的に有名な地名で、インパクトがあること!
なので自己紹介では結構便利に使っています。

京都の実家は、妙心寺と広隆寺のほぼ中間、徒歩10分ほどの距離で育ちました。

5歳から書家の先生に師事

芸術家。書道家であり、京都教育大学の教授、山内観先生。
妙心寺の門前に、山内先生の書道塾がありました。

自転車に袴履きで走り回っている山内先生!
その袴姿が、私の中では強烈に印象に残っています。

とにかく大きな、愛に溢れる先生でした。

「山内先生のような大きな愛の人になりたい!」
という目標が子供の頃の私には刷り込まれてしまいました。

本当に立派な芸術家の元で育てていただいたことを心から感謝しています。

山内先生は、いつもこう仰いました。

「柔らかい筆の穂先を、日本刀とイメージして、机の奥深くまで切って書け」と。

刀でキリッと、精神を集中して書く稽古です。

「集中して書く線は、強いだろう?
集中していない線は弱いだろう?」

と先生は仰るのですが…
子供の私には、さっぱり分かりませんでした。


ところが、毎週毎週「日本刀」とイメージして集中して書く訓練を重ねると…

徐々に、作品の出来の違いが分かってくるようになるのです。

過去の自分の作品を見た時に
「集中してるな」
「気が散ってるな」と、
感じ取る感性が磨かれてくるのです。

他の人の作品を見た時にも
「気楽な人だな」
「厳しそうだな」と、
書き手の精神状態が伝わってくる。

つまり「見えないものを感じ取る」ある種のサイキック能力が高まってくるのです。

これは書道だけでなく、日本の伝統文化の「道」に含まれる要素だと考えます。

日本の伝統文化は「精神性を高める」と言われます。

単に「文字を書く」「お茶を点てる」「花を生ける」という日常の行為の中で、精神集中の訓練を繰り返すことにより、精神的な能力が高まるのだということを、実感しています。

大卒後、印刷会社に入社。

大学卒業時は、バブル期に差し掛かった頃でした。
景気はいいけど、どこも採用してくれず、就職活動は絶望の連続でした。

唯一内定がもらえたのが、当時日本最大の流通グループ、スーパー「ダイエー」の系列印刷会社。当時は不本意でしたが、今から考えれば、この会社でなければ何も始まってなかったと思います。黎明期のMachintosh(パソコン)に出会うこともなく、独立することもなかったでしょう・・・

ダイエーは後々、バブルの徒花のような扱いになっていくのですが、当時はイケイケで、楽しい思い出がたくさんあります。

グループ企業全体で2万人が働いていた(と記憶している)ので福利厚生もバッチリ。社員食堂はあるし、冬はトマムでスキー、夏は信州でテニス。ダイエーオレンジアタッカーズという実業団バレーボールチームのチアリーディングに入って遠征旅行に行ったり。業務の何かで表彰してもらって、豪華客船「富士丸」(だったかな?)で日本一周クルーズに乗せてもらったこともあります。

大企業の「恩恵」を、たぶんグループ2万人の中でもトップクラスでフル活用していたのではないかと思います。本当によく遊ばせていただきました。感謝しかありません。

間が楽しく生きるために役立つ制度を、できればエルモット村でも稼働させたいものだと、今でも考えています。

書道とグラフィックデザインで独立。

入社して5年目、「恋は盲目」に陥り、仕事なんてやってられない、彼に会う時間を作らなくては!ということで、会社を辞めることにしました。

とはいえ生活費は必要なので、派遣にするか、独立するか?
ちょっと迷って、派遣登録しながら独立することにしました。

大阪市北区の、中津駅に直結したマンションの小さい1室を借りて、「書道できます」「パソコン使えます」という程度で仕事を始めました。

大企業とは真逆の、なんて自由な世界!
自分の時間をどう使うか、誰にも遠慮が要らないのです!
大空に羽ばたく小鳥のような解放感を、全身で感じて、幸せいっぱいでした。

大企業の安心感も、フリーランスの自由感も、どちらも体感した私です。できることなら、この両方の良さを体現した制度を作って、エルモット村でも稼働させたいものだと、今でも考えています。

仕事は「松下電器産業」や「くら寿司」「日本国際パフォーマンスアートフェスティバル」などのお仕事に、長年関わらせていただきました(詳細はこちら)。そのうち恋も終わり、仕事だけが残った次第です。

東京へ移転

独立10年目のある日、時々仕事を依頼してくださる方が、東京からわざわざ私の仕事場に訪問して来られました。「ITベンチャーで起業するから手伝ってほしい」ということで、開発されたソフトウェアの試作品を見せてもらいました。

それは、一言で言うと「内観」ツール、いわば「心の鏡」のようなものでした。そして、このソフトウェアで「地球をパラダイスにする」と言うのです。
私は感動して、「こんな素晴らしいものが売れない訳がない!」「絶対に開発に関わりたい!」と思いました。

すぐに東京へ行きたい気持ちがありましたが、大阪の仕事もあるしで、結局1年後に東京へ引っ越しました。勝手に押しかけたので、給料も何も全くありませんが、とにかくその夢を実現したかったのです。2003年のことでした。

突然のビジョン

この仕事に取り組んでいた最中のある時、私の頭の中に、あるビジョンが突然現れました。
それは日本の里山のような風景でした。

里山には、古民家が点在していて、パビリオンのようになっていました。書道、茶道、柔道、などの伝統武芸の道場、茶店、食堂、温泉、神社仏閣、田畑、集会場など・・・日本の昔の集落のようなものでした。

そして、そこには日本人だけでなく、黒人も白人も、あらゆる人種の人が、心からの無防備な笑顔で、微笑んでいる、ものすごく幸せな風景でした。

私は「これを作るために生まれてきたんだ!」と思い込み、感動で魂が震えるほど嬉しくて、歓喜しました。

「これは、何と呼べばいいのだろう?『和文化のテーマパーク』と言えばいいのかな?」

私の中での「地球パラダイス化計画」は、この「和文化のテーマパーク」を地球の至るところに作るのが目標だと考えました。

ところが私はプレゼンの技術もなく、社長と意思疎通できず、話が噛み合う訳もなく、ソフトウェアも思うように広がらず・・・もうどうしたらいいのか分からず、ケンカみたいになってしまい、会社に行かなくなってしまいました。

ミステリースクールに入学。

途方にくれて、占いやらカウンセリング、リーディングなどあちこちを訪ねるも、
どこへ行っても「あなたはヒーラーだから、ヒーリングの勉強をしてください」と言われて、仕方なく、ヒーリングの勉強を始めることにしました。

ミステリースクールに入学。

「異次元」の影響について、西洋的で論理的な勉強をする。3年ぐらい通った。

心が癒されていなければ、心からの笑顔なんて無理だとわかった。

そして「自分達の価値観が正しい、相手が間違っている」という二元論から抜け出さない限り、平和は実現しないのだと知った。

「善/悪」で白黒はっきりさせる「二元論」から抜け出して、
立体的に捉え、お互いの価値観を認め合うこと。

悪い方向へ向かう原因は「弱さ」なのだから
弱さを許し、弱さをカバーする意識や制度がなければ、お互い「平安」にはなれない。

「弱さ」を包み込む「強さ」こそが、「愛」であり「癒し」ではないか?

私の和文化テーマパークには、癒しの要素が不可欠であることを理解し、それを中心に組み立てること必要性を痛感。

経営の勉強。

経営の勉強。たまたま出会った小松伸多佳先生が、ボランティアで経営者向けに無料講座を開講されていたので、そのクラスに3年ほど通った。

ニュービジネス協議会の研究部会、「成功確率を高めるための事業計画書作成講座」。
先生は「MBA並みのことを教えている」と仰ってて、誇張ではないと思います。

元々、野村證券の国際投資アナリストで、巨大案件ばかりやってた先生なので、授業の教材も巨大企業の財務諸表を使うなど、大規模な事例ばかり学ぶことになった。

事業を成功させるために必要な要素が何なのか、押さえるべき必須ポイントについて繰り返し学ぶ良い機会となった。

小松先生から学んだポイント
  1. フェアでなければ、続かない。
  2. 経済学的フェアとは、リスクとリターンが正比例すること。

今は社会全体で、至るところにアンフェアがあります。

だから経済崩壊は必然なのだろうなあ…
経済を崩壊させたくなかったら、フェアな社会へ転換するしかないだろうな…
と、私なりに理解しています。

エルモット村は、無理なく継続できるフェアな制度を練り上げてゆきたいものです。

縄文時代のように、一万年続く仕組みづくりに挑戦?!

その後、ビジネスプランコンテストにエントリーしたことから声をかけられ、社会起業大学の9期生として入学。魂の掘り起こしから始める仲間づくりからスタート。非常に現実的な実践。

代官山で実験

知人が所有する代官山の一軒家を借りて書道教室兼ヒーリングサロンを実験的にやってみるが、費用面でも企画面でもあらゆる面で力不足、継続困難に。

寄居に移転

知人が転居したというので寄居に1泊した朝、あまりの幸福感、波動の良さに感動。
癒しの施設はこのような場所でなければ、と思い、新宿から寄居へ転居。

60人ほど宿泊できる研修センター。奇跡的に、社会起業大学の先輩・桜井さんや、ガーナ人のユウジンも入居していた。ここで再挑戦。

カフェ・エルモットを開店。

合宿所売却のため立ち退き。近くの一戸建てに転居。カフェオープン。外国人ウーファー、民泊、書道講座、異文化交流などのイベント開始。

コロナ前の3年間で、計22カ国から、
10代から50代まで沢山の人がエルモットに来てくれた。

生活習慣が全く違うので、初めの頃はよく、家中がめちゃくちゃになった。
「外国人お断り」の張り紙を出す人の気持ちが理解できた。

国際交流で実感したポイント

本当に良い関係を築くためには、
「言いたいことが言える」
「異なる意見を
受け止められる

心の態度が必要。

「我慢せずに、きちんと伝えること」を意識すると
トラブルなく快適に過ごせるようになった。

コミュニケーションの基本は、心の健康から!

国際交流に関わらず、関係性の構築には「癒し」が重要であることを実感。
「話し合いの場」を設定するだけでも、「癒し機能」がかなり向上すると確信。

林業学校に入学。

友人に乞われて、木こり学校に入学。

全国でも唯一、埼玉県には林業の大学がないため、
自然保全のために県が開講した埼玉県林業従事者研修の1期生。

保安林など、大地の役目、自然が今どうなってるのかを学ぶ。

森林ビルダーの資格を取得。

ソーラー畑は絶対規制するべき!との価値観を持つようになる。

「大地再生の会」は、物理的に、切れた水脈をチューブで繋いだり、コンクリートを除去したりして、豊かな大地へと再生させる活動をしている団体。

理事の押田さんに、何からどう始めたらいいか尋ねに行った。

もしも荒地が入手できたら
けもの道を生かして、導線を作り、それを元に、何をどこに作るかを、地形を崩さないように建てる。
とアドバイスをもらう。

農林水産省の図

農林水産省の図の中央に「文化の伝承機能」という項目があります。

これが、私のイメージする「和文化のテーマパーク」です。

しかし、ここだけでは意味がない。
周囲の海、山、田畑、すべてが健全で美しく機能してこそ、この文化の機能が役に立つ。

この図全体の中の、テーマパーク。全部が生きてこそ、周囲も生きる。

この全体を実現するのが、エルモット村構想です。

ますは心の中から

最初はマズローの図を使うのがわかりやすいと考えて、欲求段階図をアレンジして使っていました。

しかし順番を追わないと上がれない印象が強いので、以下のように変更。

まずは、心の中から、幸せを感じられる力を高めてゆく。
そして精神を高めて、周囲と調和した、平和な地球を作っていく。
それが強力に高まった時、地上に和文化のテーマパークが具現化するのだと思っています。

地球をパラダイスにする活動に、ぜひご一緒しませんか?

色んな考え方の中で

世の中には、さまざまな考え方の人がいらっしゃいます。

事業を起こすにしても

「お金がなかったら何もできないよ」
という人もいれば
「『お金がないから出来ない』という人は、お金があってもできないよ」
という人もいます。

前者の考え方が「世間の常識」かもしれません。

でも、私がこれまで出会ってきた人の中でも、私が尊敬する人は
後者の考え方をする人たちでした。

だから私は、資金がないことを言い訳にしないで、
お金がなくても出来る方法を、必死になって探して工夫を重ねてきたつもりです。

もちろん、お金が理由で諦めたことも多々ありますが
よく自殺せずにここまで生きてこれたなーと思うこともあります。

いろんな体験を経て、
いよいよ、実現できるフェーズに入ってきた実感があります。

価値観を共有できる人たちに集まってもらって、
実現していきたい。

共に行動する仲間になっていただけないでしょうか?

まずは、エルモット村の村民登録から、始まります。
一緒に活動できることを、楽しみにしています!

ABOUT ME
かしゅっち
エルモット村役場・都市計画担当。 わがままで自分中心なんだけど、そんな自分を許しつつ、本人なりに精一杯の愛を体現しているつもりでーす。