5次元の扉

次元上昇・5つの方法

次元上昇の効能

多くの人は、3次元の現世的な視点から物事を捉えて生きています。

3次元の視点から上昇して、5次元的な感覚を獲得することを「次元上昇」と呼びます。

次元上昇すると、今まで見えなかったもの、気づかなかったことが認識できるようになります。

例えば、自分が抱えている問題の因果関係が分かったり、理解不能な相手の背景が理解できるなど、不安やイライラを鎮めたり解決策に気づいたりする確率が高まります。

つまり、ラクに生きられる要素が身に付くということになります。

今回は「次元上昇するための方法」を5つ、ご紹介します。

修行的

これは古代から続く方法です。
肉体に激しく負荷をかけて、精神を解き放します。

世界中の様々な宗教で用いられています。
じっと座る「坐禅」や、山を巡る「回峰行」など、様々な修行があります。

しかし宗教的修行でなくても、体に厳しく負荷をかけると、思わぬ効能があるようです。

私の知人で、絵画のモデルを仕事にしている女性がいます。

絵画のモデルは、「まばたき」さえ許されず、筋肉を1筋たりともピクリと動かすこともできず、微動だにせずポーズをとり続ける、非常にキツい仕事です。

あまりの重労働で、ポーズと休憩を20分間ずつのストロークで3セット。というのが標準的なのだそうです。

ポーズ中には絶対に体を動かしてはいけない。
しかし、動きたくてたまらななくなる時があります。
例えば、背中が痒くなった・・・とか。

しかし動けない! あーっ! 辛い!きゃー!

と、内心、のたうち回ってしまう訳ですが、体を動かすことは許されない!

そうこうしている時、突然!
頭がパカっと開き、意識が抜け出して、天井から自分を見下ろしている・・・・

そうです。幽体離脱です。

自由になった彼女は、隣の部屋に行ったり、うろうろ動き回ります。

そして時間になったら、何事もなかったかのように、3次元の体に戻ります。

肉体に激しい負荷をかけると、このようなことが出来るようになる・・・らしいです。

心理的

「心」は、人間の意識から生まれた副産物だそうです。

「魂」と「意識」の間の接点が、「心」です。

とても大雑把な説明になりますが、
「魂」は、本能のままに生きる野生の動物のようなものです。
一方「意識」は、教育や環境によって形づくられてきました。

例えば
「魂」は「歌手になりたい」
「意識」は「定職に就かなければ、世間的にもカッコ悪い」

つまり「魂は右に行きたい」「意識は左へ行きたい」という場合、
その間にある「心」は、揺れ動いたり、引き裂かれたり、押しつぶされたり、してしまいます。
あまりも傷が大きい場合は、心が動かなくなってしまいます。

健康的な心へと癒すためには、「魂」も「意識」も、両方の思いを汲み取って、どちらも満足できる道を選択してゆくことが必要です。

「心理カウンセリング」は、心の専門家が相談者の心の状態を診ながら、心の傷が癒える方法を、会話をしながら発見してゆく方法です。

思い込みを外したり、トラウマを消したりすることで、「本当の気持ち」「魂の望み」に気付き、より意義深い人生を歩むために役立ちます。

また、自分の本心を吐露するような日記を書くことは、セルフ・カウンセリングとしても役立ちます。自分と対話することで、本心に気づき、癒されてゆきます。

概念が変わるほどの大きな気づきは、「悟り」「次元上昇」と呼べるでしょう。

霊的

人間は「見える体」と「見えない体」から成り立っています。

これまた大雑把な説明ですが
「見える体」は「肉体」
「見えない体」は「霊体」「オーラ」
と呼ばれます。

霊体は、肉体からはみ出て、光のように輝いています。

肉体には目・耳・鼻・口・皮膚などの器官があり、
「五感」の刺激を受けて、情報をキャッチしています。

霊体は、肉体以上に繊細で複雑な構造になっていて、
「第六感」や「直感」で情報をキャッチしています。

しかし、現代の人間は、あまりにも頭で考え過ぎて、大脳の肥大化により、直感などの本能が鈍ってきています。

そこで、綺麗な色・音・香りなどを使って五感を刺激したり、クリスタルでオーラを刺激したりして、人間が本来持っている能力を蘇らせることができます。

多種多様な「ヒーリング」の施術が、無数にありますので、ぜひご自身に合うものを探して試してみてくださいね。

霊体を活性化させることによって、頭で考える以上の成果を生み出すことが可能になります。

「現実的に論理的に考えられる範囲の行動」を、超えた結果を出せたなら、それは「次元上昇」の結果と言えるのではないでしょうか。

知的

「知る」ということは、気づきをもたらしてくれる、素晴らしい体験です。

知ることによって、概念が変わり、より高い視点が得られたら、それは上昇と言えます。

哲学書から、メディアから、日常生活でふと耳にしたひとことから。
様々なメッセージをキャッチし、知見を深め、自分を変化させる。変化を重ねてゆく。

その積み重ねは、次元上昇へと繋がってゆきます。

物理的

最近の量子物理学の進歩は目覚ましいものがあります。

デジタル信号を体に作用させて、量子レベルで意識や体を変える装置が、様々な会社で開発されています。

シリコンバレーでは最近、この分野は「トランステック」と呼ばれるそうですが
もう何十年も前から先駆けの「メタトロン」はロシア製で有名です。

メタトロンは、医師の代わりに宇宙ロケットに乗って宇宙飛行士のメンテナンスをするために開発されたそうです。

メタトロンは今では個人で手が出せないほど高額ですが、家庭用の小さな波動治療器を販売しているメーカーも沢山出てきています。

厳しい修行をしなくても、機械を装着しているだけで、心身霊ともに健康になれるなんて!
本当に良い時代になったものです。

次元上昇の要素が満載の、日本の伝統文化

修行的・心理的・霊的・知的・物理的。
5つの方法をご紹介しました。

日本人は昔から、日常の行為を「道」として武芸に昇華し、精神性を高めてきたようです。

お花を生ける。
お茶を点てる。
文字を書く。
香を愛でる。
弓を射る。・・・・

生活の中にある、当たり前の行為に集中することによって、それが「道」になり
精神を高め、次元上昇へ繋がってゆく。

修行的・心理的・霊的・知的。
これらの要素が、行為の中に、自然に満ちています。

縄文時代の「宇宙と繋がる」感覚、
江戸時代の「文化が花開く」景色。

ここに「量子物理学/波動」の概念を加えれば、この令和の時代に相応しい文明が生まれそうな気がするのは、私だけでしょうか????

「ネオ縄文江戸文化」的な「和文化スタイル」を実現する・・・
エルモット村は、そんな場所を目指して、次元上昇に役立つ情報を発信しています。

ぜひ、村内を散策してみてくださいね。

ABOUT ME
かしゅっち
エルモット村役場・都市計画担当。 わがままで自分中心なんだけど、そんな自分を許しつつ、本人なりに精一杯の愛を体現しているつもりでーす。